« 暑気払いin羽村(Bootさん買い物ツアー) | トップページ | むすび通信52号(静電三法を推理する_腐敗と発酵) »

「きのむすび」梅干レシピ

母から学んだレシピです。今年の「きのむすび」の商品の一部に、この梅干をセットします。お楽しみに!!

 

○予備漬け

-用意するもの(梅20キロ当たり)-

・つける桶(40リットル)1

・漬物用ビニール袋(45リットル)1

・水切りザル

・おもし

・お塩(粗塩)3キロ(梅の15%)

・梅20キロ

・ホワイトリカー300ml(適当でよい)

・竹串

 

―手順―

・竹串などを使って梅のヘタを取る。

・梅を水洗いし、その後水切りする。

・桶に袋を入れて、そこに塩をふる。

・梅を2~3段入れるごとに塩をふる。

・最後に一番上から、ホワイトリカーを全体にまく。

・袋のふたを閉じて、敷きフタをして、重しをおいて、ふたをする。

 

○シソの準備

-用意するもの(梅20キロ当たり)-

・赤シソ(みかんのコンテナに一杯程度:可能な範囲で)

・粗塩(少々)

・梅酢

 

―手順―

・赤シソの葉っぱを摘む(若い葉っぱを中心に)。

・つんだ葉っぱをよく水洗い、水切りする。

・粗塩を加えながら手でもむ。

・アクが十分出てきたら絞る。

・梅酢を少し加えて、粗塩を取り除く(梅酢で洗う)。

・たっぷりめの梅酢を加えて、ビニールに入れて保存する。

・梅の天日干しの時に、一緒に日光を当てる。

 

○本漬け

-用意するもの(梅20キロ当たり)-

・天日干し用ザル(大サイズ5個程度)

・バケツとザル

・本漬け用桶とビニール袋

・お湯

・日本酒300400ml(適当でよい)

・みかんはちみつ(少々)

・ホワイトリカー(少々)

・予備漬けの梅

・事前に用意していた赤シソ

 

―手順―

・ザルに一列に梅を並べて、梅の天日干しをする。

・一日一回ひっくり返しながら、3日程度行う。

・干した梅をバケツに入れてお湯に浸す。

・約2時間程度塩抜きを行う。

・ザルにあけて水切りをする。

・桶に袋をセットし、底に赤シソをひく。

・梅を2~3段ひきつめる。

・日本酒にはちみつを少々加えておいたものを全体にかける。

・梅酢をたっぷり含んだシソを全体にひきつめる。

・これを繰り返す。

・最後に赤シソをたっぷりひきつめ、上からホワイトリカーを少々加える。

・ふたをして本漬け終了。

以上

|

« 暑気払いin羽村(Bootさん買い物ツアー) | トップページ | むすび通信52号(静電三法を推理する_腐敗と発酵) »

きのむすび」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「きのむすび」梅干レシピ:

« 暑気払いin羽村(Bootさん買い物ツアー) | トップページ | むすび通信52号(静電三法を推理する_腐敗と発酵) »